044-287-6111(受付時間 9:00〜17:00)
お問い合わせ

FEATURE

村山商店とは
伝統と革新を融合し、あらゆるニーズにお応えします

お得意様や関係各所との信頼関係、気さくな労働環境など、港湾の仕事には、昔からの文化や慣習、日本独自の素晴らしいものがたくさん含まれています。そうした伝統を大切にしつつ、激動の現代に対応するためにあらゆる挑戦を行い、変化に耐えうる組織体制の確保を目指してまいります。

VISION 私たちのビジョン

創業から現代に至るまで、私たちは港湾運送事業、陸上運送事業の一貫直営作業を行ってまいりました。もちろん、ただ同じことを続けてきたわけではありません。変化する時代に対応し、お客様のニーズに応え続けるために知恵を絞ってきました。今後も各代で築き上げてきたものを守りつつ、「港の村山」として新たなビジネスも展開していきたく考えております。

村山商店だからできること

2010年に、国土交通省より京浜港(東京港・川崎港・横浜港)と阪神港(神戸港・大阪港)がハイパー中枢港湾に指定されました。弊社においては、今後とも海外の企業とも積極的に提携し、輸出入における事業の拡大を図ってまいります。

例えば小規模ロットの貨物を集め、それを大きな貨物に変えるなど、機動力があるからこそできるユニークなサービスを企画・展開してまいります。京浜港、川崎港の発展、ひいては、日本の国際競争力を下支えしていくことが、これからの村山商店のテーマです。

※ハイパー中枢港湾とは、2010年8月に国土交通省が指定した国際コンテナ戦略港湾の別称で、スーパー中枢港湾のさらなる「選択」による国内貨物の「集中」を目指して指定された国際ハブ港である。

150th

お陰様で145周年を迎えました

会社沿革を見る

代表メッセージ

代表取締役社長 各務毅